鉄鍋にこだわるサミット工業(株)さんとこに量産の打合せ

世界最小のモバイルピザ釜!PizzaHax®は開発当初から、高温で歪まない性能を探し求めて複数の鉄鍋を試してきました。その中でも絞りの美しさと、鍋の縁から底面の厚さを変えたり等、技術的な美しさに惹かれたサミット工業(株)さんにPizzaHax®を相談しました、峯島社長も非常に熱く語り合うことが出来、量産を含めたPizzaHax®の仕様が色々と決まりました。3.3kgから2.6kgへ大幅な軽量化と小型化が可能になったのもサミット工業(株)さんの技術指導のおかげです。

ナポリ風vsミラノ風市販ピザクラスト

いつもは業務スーパー謹製のナポリ風ピザクラスト使ってます。5枚入りで約360円くらい?1枚あたり70円程度。耳が付いてて、PizzaHax®で焼き上げると、この耳の部分をいかにしてふんわりもちもちに仕上げるか?に苦労しました。しかし、今回はミラノ風・・・。違いは耳の部分が無い。平坦な感じで前面クリスピー仕上げ!こんな軽いクラストなら、サラダ風かな?あっさり食べられる感じ。Good!

雪中キャンプの朝食もピザ!

昨夜はワインのおかげでよく眠れたので、朝からピザ!世界最小のモバイルピザ釜!PizzaHax®は直ぐに準備出来るので朝飯にも最適!

気温は0℃近いと思うけど、しっかり熱が入ってクリスピーなピザの出来上がり。クラストの裏を見てもしっかりヒョウ柄に!

雪中キャンプでピザ&ワインパーティー(お一人様😂)

本日は仕事終わりに山へ直行!ワインをまだ雪が残ってる所で天然クーラー。ピザを焼いて堪能しました。このプロト機はVer2.5 下鍋と上の蓋の作ってるメーカーが違うハイブリッドタイプ。この頃は、まだ重くて3kgを越えてた。

夜は冷え込むので、たった1.6kgのチタン製折りたたみキャンプストーブ!ガンガン焚いて暖かかった!発売は次の冬です!お問合せ、ご予約はこちらへ!

全ては山の上でお一人様Pizzaを食べるために・・・。

構造試作から量産を考慮した試作機の製作です。非接触温度計を使いながら、フライパンの表面温度変化と分布を記録していきます。上から見てると見た目、通常の色なので、つい、「ジュツ(T . T)」とやっちゃうんですよね。火傷にはくれぐれも注意しましょう!

開発は続きます・・・。

世界最小のモバイルピザ釜!PizzaHax®はクロワッサンも焼けるんです!

市販の冷凍クロワッサン生地を解凍後に、45°位のお湯で周りを温めると、2倍くらいの大きさに発酵します。そのクロワッサンをPizzaHax®で3~4分焼くと、こんがりふわふわなクロワッサンが焼き上がります。写真は少し焼きすぎましたね💦

キャンプだと、凍らせたパン生地を保冷ボックスに入れて、1日歩いた後、夜はピザ、翌日の朝は、大きい鍋でお湯を沸かして、中に小さい鍋を浮かべて、クロワッサン生地を置き、蓋をして1時間、大きくなったところで焼いて食べると、山の上で焼きたてのクロワッサンが食べられます!

世界最小のモバイルピザ釜!PizzaHax®はピザ以外にもクロワッサンも焼けるのです!

市販の冷凍クロワッサン生地を、45°位に保温して一時間、二倍くらいに膨れたら、PizzaHax®で3~4分焼くと出来上がり!写真は少し焼きすぎましたね💦

でも、ふんわりパリパリで美味しい!

ピザストーンのプロト品到着!

世界最小のモバイルピザ釜!PizzaHax®を作るにあたり、市販品で見つけられない部品が、直径の小さなピザストーンでした。ピザストーンはピザをこんがりカリッと焼き上げるのに必要な重要な部品です。妥協はしたくなかった。中国の数社とメールでやり取りをして、ある、焼き物会社が興味を持ってくれてサンプル品を直ぐに送ってくれました。